2022-03-22

寒い日だった。先日の地震により発電所が被災している影響で電力の供給量が少なくなっており、需要があふれたら停電するかもしれないとのことで、節電のお願いがあちこちで唱えられていた。Twitterには繰り返し逼迫した残りの供給量のグラフが流れてきたし、NHKのニュースの背景のスタジオは照明が落とされていた。部屋を暗くして、暖房をつけずに仕事をしていると、気持ちがどんよりしてきてだめだ。さみしい火曜日だった。

相対的に決して多くないはずの仕事が、自分には抱えきれないことが恥ずかしい。でも、今週は2日も有給休暇をもらう。話し相手がSNSしかいないと、インターネットに書けないようなことは、やがて自分の中からなかったことになってしまう。だから、自分のことがよくわからなくなる。この部屋にはTwitterしか窓がない。