2022-07-28

渋谷で働きはじめて10年経つが、いまだに道玄坂がどの坂なのかよくわかっていない。それよりも、ユニクロのある坂とか、丸亀製麺の前の坂とか、コンロウっていうおいしいタイ料理屋がある交差点のところの坂、とか言ってもらったほうがいい。というような道…

2022-07-27

蛇口の水がお湯かってくらいの季節は、夜のぬるい風を浴びながらの散歩が気持ちいい。とか、ぼんやりと感傷に浸りながら川崎のまっくらな夜道を歩けるのも、僕が男性のかたちをしているからで、それが無意識だとしても特権的にふるまっているのだろう。粗大…

2022-07-26

なんにもおもしろくない日記を書いてごめんなさい。落ち込んでいるときは、なにも書かずに眠ったほうがよいとわかっているのだけど、ここぐらいしか発散できる場所がないので許してください。ライナスの毛布みたいなもので、どうか心配しないでください。 今…

2022-07-25

8時に出社して、20時に退勤。今週はやることがいっぱいある。13階のオフィスって、眺めがよくて好きだ。とくに夕焼けがきれいで、ミーティング中もそっちのけで窓の外を見てしまう。長いあいだ休んでいた同僚から退職の連絡があり、すこし迷ってから「教えて…

2022-07-24

33歳って、もっと大人だと思ってた。大人っていうのは、もっと自分の力で立っていて、意思を持って道を切り開いているようなイメージで。20代は、なにをしていたのか、あまり思い出せない。おそらく、目の前の仕事と、その仕事をやってる自分との関係につい…

2022-07-21

夏休みに初めてひとりで映画館で観た映画「ピンポン」のサウンドトラックのクレジットを参考に、TSUTAYAでスーパーカーのアルバムを借りたのは中学一年生か二年生で、それを入口にナンバーガールやレディオヘッドなどを聴くようになり、スーパーカーも初期と…

2022-07-19

仕事のための仕事みたいなことをしている時間は、ほんとうに疲れる。だから、むりやりにでも意義を見出そうとする。あらゆるできごとはつながっている。詩があれば、どんなに遠くにあるものも、すぐに近くへ引き寄せることができる。最近の僕の口癖は「チャ…

2022-07-18

子育ての大変さは、ひとりぼっちの僕にとっては数ステップ先の話で、まったく想像もつかない。もしかすると数ステップ先までたどりつかないまま、経験しないで終わるのかもしれない。それでも、姉や、会社の先輩のご家族とご一緒させてもらう機会があると、…

2022-07-16

凸版印刷の本社ビルの1階でやっているグラフィックデザイナーのポスターの展示で、田中良治による裏にライトボックスを仕込んだ光るポスターを見た。ふだん紙に印刷された面に反射した光を見ることで色を認知しているわけだけど、ポスター自体が発光している…

2022-07-15

出社する前に美容室へ行った。通っている美容室は、朝9時からやってくれるのでありがたい。髪を切ってもらったあと、手持ち鏡ですっきりした後頭部を見せてもらいながら「仕事へ行きたくなりましたか?」と尋ねられてドキッとした。 周囲の人たちの退職が重…

2022-07-12

なんかしらないけどメチャクチャ疲れて、帰宅してラーメンと唐揚げとアイスクリームとスナック菓子を食べた。あたまもからだもバカになっている。次から次に課題が押し寄せて、どれもきちんと解決できないまま次の課題へ飲み込まれていく。というか今日はも…

2022-07-10

参院選の結果は、まあそうだろうなという感じで、驚きもない落胆があった。投票率がたったの52%とはいえ、結局のところ国民が考えていることが定量的に反映されたのが国会議員の割合なので、世の中を選挙で変えるのではなく、世の中が変わったことを選挙で証…

2022-07-09

リヒター展の入口でチケットを買っていると、隣の窓口でも制服を着た高校生がチケットを買っていて、学生証を忘れたようだった。「すみません、学生証を忘れてしまって」「それでは生年月日を教えていただけますか」「2004年の、5月23日です」おっ、誕生日が…

2022-07-08

さみしいなと思う。心にぽっかりと穴があいたようなさみしさ。このさみしさは、生きているかぎり抱きつづけないといけないものなのか、それともいつか満たされて感じなくなってしまうようなものなのか。もし、このさみしさを共有できたとしても、補いあうこ…

2022-07-07

寝床に入ってうとうとしていたら、そういえば取引先からメールが届いているのではと思い出して、ガバリと起き上がってメールボックスを見たら届いていた。べつに明日でもいいんだけど、今回から担当者が僕へ交代になったので、前任者よりも早く返信すること…

2022-07-05

備品を注文したけど、そういえば宛先に会社名を書いていなかったことに気づいた、帰りの電車。あした使うので届かないと困る。届くかなあ。まあ届くでしょう。残業中にチョコレートを食べるだけで喉につかえて不安だ。Googleマップで耳鼻咽喉科を調べる。最…

2022-07-02

ロイヤルホストでパンケーキを食べた。33歳にしてロイヤルホストへ訪れるのは初めてで、平野紗季子がロイヤルホストへの愛を語るエッセイを読んでから行ってみたいなとずっと思っていたから、思いがけない機会の到来に感激していた。そんなふうにはしゃいで…

2022-06-30

ミーティングが19時に終わって、オリジン弁当でチキン竜田生姜焼き弁当と、チョレギサラダを買って歩いて帰る。日中の熱を貯め込んだアスファルトが、石焼きビビンバのように街を温めている。ぬるい夏の夜。とか、ぼんやり感傷に浸れるのも、エアコンの効い…

2022-06-29

会社の帰りに下北沢で降りて、B&Bという本屋で「往復書簡 ひとりになること 花をおくるよ」を買って読んだ。写真家の植本一子さんと、小説家の滝口悠生さんが、半年ほど送りあった手紙が載っている。そこで話されているのは、家族のこと、性別のこと、日記あ…

2022-06-27

ただ通勤してるだけなのに、じぶんの身体からこんなにも水分が出るんだというくらい汗をかく。そういえば毎日会社へ通っていたころ、夏の日は着ているTシャツとは別にもう1枚かばんに入れておいて、会社に着くなりトイレの個室で着替えるみたいなことをして…

2022-06-25

6月には異常なほどの真夏日。すこし遠くまで散歩して、写真を撮った。思い返せば2週間ほど、雨だの仕事だの、ずっとこうやって写真を撮りたくて悶々としていた。だから、思う存分にたくさんアジサイの写真を撮って満足した。写真を撮るのは、世界を捉える解…

2022-06-23

今週をきちんと終えられたら、ストレスを感じている仕事もぐっと軽くなるはず。というわけで、自分で言うのもなんだけど、がんばっている。なぜか腰が痛いけど無視している。こうやってわちゃわちゃしているあいだに、気がつくと7月になってくれていたらあり…

2022-06-21

終わったと思って洗濯機を開けたら、ネットに入れたあと洗濯機へ入れてなかったことに気がついた。2回目の洗濯が終わるまで日記を書きます。いろいろ重なって、きょうはミーティングが8時間あった。議事録を開こうとNotionへアクセスするとNginxの500エラー…

2022-06-20

午前9時からの社外とのミーティングに遅刻する夢をみて、飛び起きた午前3時。ストレスを感じていると右のまぶたがピクピク痙攣するなど、身体へサインが出てきてわかりやすい。13階のオフィスの窓際の席で作業していると、3分に1機くらいのハイペースで、渋…

2022-06-19

動画撮影のアルバイト2回目。奇跡的に梅雨の晴れ間が重なって助かった。カメラとズームレンズ、LEDライト2灯とカメラ用三脚とマイク用一脚、レフ板にガンマイクにピンマイク、リグも組んだし小さなモニターもつけたし、電源の延長コードに交換バッテリー、ひ…

2022-06-17

昼休み、きのう会社に入社したチームメンバーと、ふたりでラーメン屋へ行った。オフィスの裏に、この世でいちばんおいしいラーメン屋があるんですよ、と連れていくと、ワンタン麺を一口目で「リピート確定ですね」と言ってくれてうれしかった。いい人だ。 だ…

2022-06-15

ストレス解消を目的にレンズを購入。Super-Takumar 55mm F1.8は1961年に発売されたレンズで、いわゆる「オールドレンズ」のなかでは出回っている数が多くて有名らしい。解説サイトで調べると、僕が手に入れたものは後期に製造されたもので、ガラスに放射性物…

2022-06-14

誰にも話せないようなことがあったとき、どうやって気持ちを処理してますか。いつだって僕は誰かの役に立ちたいから、もし悲しみを感じている人がいて、僕が話を聞くことで悲しみが和らぐなら、いくらでも聞いてあげたいなと安易に考えてしまう。でも、いざ…

2022-06-13

午前4時に起床。インターネットしたりコーヒー飲んだり、だらだらと贅沢な時間を過ごしたあと、6時に家を出て7時に会社へ着き、誰もいないオフィスのブラインドを上げて回る。フリーアドレスなのでお気に入りの窓の近くの席に陣取って、11時ぐらいまで地味な…

2022-06-12

土曜日、上野の東京藝術大学のなかにある美術館でやっている「新しいエコロジーとアート」展を観た。テクノロジーが発達したことで可能になった表現によって、現実をとらえる解像度を上げさせられるような感覚があって、すごくおもしろかった。全体的に作品…