2022-01-04

時間はただ流れているだけなのに、こちらの都合で勝手に区切りをつけることで、なんだか気持ちをリセットできた気分になってしまう。新年なんて換気のようなもので、どうせまた濁ってしまうのかもしれないが、せめて感じられるあいだぐらいはこの空気にあやかっていたい。昨年の反省から、今年はタスクへブレイクダウンできないような、あいまいな目標は立てない。しかし、タスクをこなすことを目的にはしない。明日に使える知識を得るためではなく、未来が見えるようになるために勉強する。人間関係の悩みだって、すべて愛で解決できると信じてる。愛はインタラクティブだから、愛したものだけが愛される。僕のデザインプリンシプルは、性善説、全肯定、想像力。

渋谷駅には、そば屋がない。かつて、しぶそばという愛してやまないチェーン店があったのだけど、再開発でなくなってしまった。代替のそば屋を探して、きょうの昼は下北沢駅の「箱根そば」に入ってみた。かけそば、つゆはおいしいけど、そばが流水で戻したみたいに柔らかすぎた。夜は、会社の懇親会でもらった弁当を持って帰って夕飯にした。

コ・デザインは、いま考えていることが全部書いてある本だった。副題は「デザインすることをみんなの手に」。自然とそうなるようにきれいにデザインされたものは、ギブとテイクの関係が混ざり合っている。与えられるだけでは創造性は発揮できない。みんなでつくるには、どうやって誰かへ与えることができるようになるのかをデザインしなければならない。これは社会的に起きている課題を解決する話でもあるし、会社の評価制度に納得できないみたいな小さなスコープに通じる話でもある。

つまり、モチベーションを持ってもらうにはどうすればいいのかということなのだけど、ただの道具だとしても、多様なユーザーが道具をハックして自分たちの使いかたを創造できたなら、ユーザーが僕たちのサービスを通して世界は創造性に満ちていると実感できるようになるのかもしれない。プログラミング教育とか、デジタルトランスフォーメーションとかも、判子やめたいとか紙をなくしたいとかそういう目の前の課題を解決した先には、世界は創造性に満ちていると実感できる未来へ通じているように思う。

ピクセルグリッドの高津戸さんという方が書かれていて、信頼できるので読んでみた。Amazonじゃなくてマイナビの直販サイトならPDF版を買える。CSS設計の解説を2021年に出版する意義を考えながら、BEMやSMACSSの説明をすることがあったら改めて参照したい。

母子ともに無事に甥が生まれて、ほんとうにうれしい。いつも人生のすこし先を歩いてもらいながら、ひとつずつ確実に達成していく姉のことを、尊敬してる。

2022-01-03

甥にお年玉を渡すために、両親と臨月の姉の家へ。子どものころは、大人になったらお年玉を渡す側になることを想像して憂鬱になっていたが、いざ渡す側になってみると、お金を払うぐらいでかわいい甥っ子に喜んでもらえるなら安いと思ってしまう。その後、姉は破水し、汚してもかまわないように座席が防護された「陣痛タクシー」に乗って病院へむかっていった。弟はなにもできず、帰宅。なにもかもふたしかなこの世界へ、確実に愛されることだけは決まっているあなたが、まもなく生まれてくる。

ひさしぶりに、ひとりの時間へ戻った。radikoやnasneに録画した、年末年始の特番を慌ててたどっている。テレビでおもしろかったのは、千原ジュニアの座王の新春スペシャル。関西で制作されたテレビ番組は、見たことない女性アナウンサーが出演していたり、関東でまったく知名度のない芸人さんが関西では有名かもしれないノリをやっていたりして、パラレルワールドのテレビを観ているような気分がたまらない。ラジオはハライチのカウントダーン、年越し特番なのにオリエンタルラジオの喧嘩をマネするくだりをやっているあいだに年越しの瞬間を過ぎていて、めちゃくちゃ笑った。

Spotifyのおすすめに、祝日さんという方のポッドキャスト「シティローストと建仁寺」が流れてきて聴いた。スターバックスの品出しと締め処理の話がおもしろかった。ふだんスターバックスの店員さんがなにを考えながら仕事をしているのか知る機会はまったくないが、それを聴けるからポッドキャストはやっぱりおもしろい。ラジオのダイヤルを回していたら偶然かぼそい電波を受信してしまったような、喫茶店で隣のテーブルの会話をうっかり聞いてしまったような、間違い電話を受け取ったけど無言でいたらそのまま話しつづけられてしまったような、ポッドキャストにはそういう味わいがある。

2022-01-02

みんなで姉が産気づかないか気にかけている正月。まだ大丈夫そうということで、初詣へ。実家は車を手放してしまったので、バスでむかう。財布の小銭をすべて賽銭箱へ入れて、境内で両親の写真を撮った。

実家のレコーダーに録画してあったEテレの番組がすごくよかった。12月30日の回、ゴスペルと演歌とソプラノ… ぜんぜんのジャンルの異なる歌手が、おなじ「歌」という軸で話していておもしろい。鈴木愛理がかわいい!

2022-01-01

臨月の姉を手伝うために姉の自宅へ訪ねて、夜は家族みんなですき焼きを食べた。紅白歌合戦の途中で両親と電車に乗って、実家へ帰宅したら0時。正座して今年もよろしくお願いしますと挨拶しあったあと、酒を飲めない我が家はグレープジュースで乾杯した。

僕は家族のことが好きで、そのうえで家族とは価値観が異なることにも気がついている。具体的には、結婚することや子どもをつくること、つまり「家族」に対する優先順位がちがうのかもしれないと感じている。そんなこと、気にしなくてよいと思う。たまに、制限が課されていると思う。でも、ありがたいな、とも思う。

何度目かわからないが、また日記を書いてみたくなった。記録や気持ちの整理を目的とするのではなく、書くことを習慣にするために。今年は、なんでもいいから言葉をたくさん書いてみたい。