2022-05-26

かつて、渋谷に毎日通っていたころ。ごはんを食べる場所といえば、松屋の牛丼か、リンガーハットの長崎ちゃんぽんか、担々麺の上にカリカリに揚げたスペアリブを乗せた排骨担々麺(こっそり僕は「デブ麺」と呼んでいた)といった感じだったのだけど、それらの思い出の店は、駅前の大規模な再開発によりすべて潰されて更地になった。なんでもないようなチェーン店の牛丼屋だって、20代の青春が詰まっている人もいるんです。それからはマジで昼ごはんに困って、最終的には冷凍食品を詰めた弁当を持っていったりしていたけど。そしたらコロナ禍がはじまって、在宅勤務で昼ごはんに悩むこともなくなり、2年が経過。

最近はやっと出社するようになったけど、あの「デブ麺」もういちど食べたいな… と思い出すくらいは、おいしかった。検索すると、「デブ麺」の正式な店名は「亜寿加」だった。そういえばそんな店名だったような気もする。もっと調べると、実は閉店後に味を引き継いだ人がいて、渋谷の再開発エリアからすこし離れた別の場所に開店したと書いてある。マジか… と思って、思っただけでしばらく忘れていた。で、きょうの、なんもあてのない昼休み、そういえば!と思い出して、ひとりで行ってみたんです。

「デブ麺」改め「亜寿加」改め「Renge no Gotoku」という店は、かつて無料でナンがおかわりし放題でゲラゲラ笑いながら会社のみんなで通っていたカレー屋こと「カンティプール」があった場所の隣だった。「カンティプール」の話もいつかしたいけど、置いておく。その「Renge no Gotoku」とかいう店に入ると、中はふつうの最近のはやりのラーメン屋といった感じ。でも、運ばれてきた排骨担々麺は、まぎれもなくあの「デブ麺」そのものでびっくりした。しかも、店員さんから、ごはんつけますか?と尋ねられる。そうだった。「デブ麺」は担々麺をおかずにごはんを食べる店だった。いろいろ思い出して、ちょっと感動しちゃったな…。ぼんやり歩いたりする道や、てきとうに入ったりする店にも、誰かの物語はあるのだろう。たまたまそれが、僕にとっては「デブ麺」だったのだ。

2022-05-25

柴田聡子の新しいアルバム「ぼちぼち銀河」最高だね。ミクロとマクロの視点をいったりきたりする歌詞に震える。

ぼちぼち銀河

ぼちぼち銀河

  • 柴田聡子
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

京都のαステーションというFMラジオ局でも柴田聡子が日曜日の夜に特番をやっていて、僕はradikoの有料会員なのでエリアフリーで聴くことができた。柴田聡子の真摯な話し方はすごく親近感が持てる。YouTubeにたまにあがってるポッドキャストもかなり好きだ。

上海のロックダウンの影響を受けて出荷が遅れていたレンズ、夏あたりとの噂だったので諦めていたが、なんと金曜日に届くらしい。日曜日に撮影の仕事があるので、奇跡的に間に合いそう。音声も録音することになったので、サウンドハウスで残り1個だった32bitフロートのレコーダーも慌てて買った。可変NDフィルターもほしいけど、よさそうなやつは2万円ぐらいするので悩む。仕事のギャラで機材を買って、その機材を別の仕事で使って… という自転車操業。仕事が不安なので機材に頼る。うまくいくといいのだけど。

2022-05-19

赤いバラが咲いている。奥の木々にはピントが合っていなくて、玉のかたちの光が折り重なって点描みたいに描いている。白いバラが咲いている。写真の中央にピントが合っていて、手前と奥のバラは輪郭が溶けて色だけになっている。

ひさしぶりに自転車に乗った。マンションの駐輪場に雨ざらしだったけど、タイヤの空気圧こそ抑えめだったが元気だった。風が気持ちよくて、春と梅雨のあいだのすっぽり抜け落ちた季節を走り抜ける。ずっと趣味がなくて困っていた。好きなことを仕事にしたから、趣味が仕事みたいになっていた。シャッターを切ると、それはほとんどはカメラのおかげなのだけど、思いがけずびっくりするような写真が撮れたりしたときに、自己肯定感が上がるような気がして、写真を撮るのはすごく楽しい。最近は、そんなふうに夢中になることで、人生のタイムラインがもういっぽん増えるような感覚になれるようなものが趣味で、つまり僕にとってのそれは写真を撮ることかもしれないと思いはじめてきた。

2022-05-18

ひさしぶりによく晴れた日で、昼休みに駅前まで歩いた。30分でもいいから散歩するのは大切だ。この5月末で2年前に付与された有給休暇が20日間ぶん消えてしまう気がする。朝から作業しながらtofubeatsの新しいアルバムをずっと聴いていた。踊れるのに音の扱いが繊細で、ポップなのに暗くて、すごくよかった。「難聴日記」も予約したので、届くのが楽しみだ…。これから先、楽しみな予定がいくつかあってうれしい。まず柴田聡子の新しいアルバムが5月25日。ネクライトーキーのセルフカバーアルバムが6月15日。予約した小さなシンセサイザーが5月27日(でも、これは入荷数が少ないらしいので数ヶ月後になるかもしれない)。未来にすこしずつ楽しみな予定をじぶんで作って、現状を乗り越えるライフハック。1年のうち2回だけ期間限定で開園する近所のでかい公園のバラ園を調べたら、今週末までだった。土日は混むだろうし、あしたも気持ちよく晴れるらしいので、写真を撮りに行こうかな〜 と思って会社のGoogleカレンダーに午前休の枠を入れた。

2022-05-17

朝から仕事で頭がいっぱい。時間の使い方が悪くて、ほったらかしていることがずっと気になっていて、できていないままになっていることを他人から当然のようにやればいいじゃんという感じのコミュニケーションがあると、悲しくなる。ぐっとこらえているリアクションは相手にも伝わるし、心理的安全性が下がり不必要に気を遣わせてしまう原因になることもわかっている。信頼は実績によって勝ち取るものだから、できていないのなら信じてもらえないのは当たり前なので、信じてほしいなら地道に実績を積むしか道はない。ひさしぶりに副業の依頼もあってうれしい。できるのかわからないこともたくさんあるけど、これまでもそんな感じでも最終的にはなんとかなっていたからまあやれるだろうと思うしかない。船がきたら乗るしかない。乗っても乗らなくてもどうせ苦しい。

2022-05-16

22時ジャストに就寝すると、4時ぴったりに目が覚める。僕の体内時計はどうなっているんだろう。渋谷のオフィスへ7時に出勤し、先週からめんどうであとまわしにしつづけて持ち越したタスクを2つ終わらせても、まだ9時。一日が長い。ミーティングの数が少なくなってから、けっこう調子がいい。コロナ禍以降、ミーティングは物理的な制約を受けずできるものになったわけだし、突発的に誰かが話したい衝動を持って開催されるわけではないようなミーティングは、ぜんぶやらなくてもいい気もする。昼ごはんはサブウェイのえびアボカド。18時に退勤してBase Ball Bearを聴きながら帰宅。夕飯はセブンイレブンできくらげと卵の炒め物、焼鳥を買ってきた。このあと風呂場に洗濯物を干して22時に寝ます。いろんな過去を積み重ねて現在へたどりついた気もするけど、どうしてこんな生活を送ることになったのかは思い返しても全然わからない。それなりに幸せな気もするし、なんとなくさみしい気もするし、仕事で頭がいっぱいな30代前半の男性のような気もする。

2022-05-14

イーサリアムのアドレスを任意の文字列にできるDNSのようなもの、Ethereum Name Service (ENS)でshikakun.ethを5年ぶん取得してみた。取得じたいは年額5ドルで、5年ぶんだから25ドルなのだけど、それを送るためのガス代と呼ばれている送金手数料のようなものが2,550円ほどかかっていて、よくわからない。ENSの設定?を変えるだけなのに、それもネットワークを使うからなのか1,133円のガス代が請求されていたりして、なんだかなあという気持ち。とはいえ、このネットワークを維持するのにそれだけコストがかかっていて、分散型を実現するためには負担も分散する必要があるのだろう。逆にいえば、Web2.0時代はGAFAをはじめとしたサービスを提供する側が、広告収入や個人情報を含む「データ」と引き換えに無料で使わせてくれていた価値が可視化されているともいえる。あるいは、まあそんなもんだろうとして捉えがちな僕は、すぐにだまされやすい性格なのかもしれない。なにもかもよくわからないけど、ENSを取得すること = Web3への入会金のようにも思えて、トータル6,000円ぐらいならまあいっか、となった。

shikakun.ethを Etherscanというサイトで検索してみる と、僕のイーサリアムのアドレスと、これまでの決済の記録が、誰でも一覧できるようになっている。いわば銀行口座の番号と通帳の内容が世界へ公開されているようなもので、なんかすごい。ためしにNFTでもひとつ買ってみるか〜 と思うけど、ダサいの買ったらバレて恥ずかしくなりそうで下手なの買えないなというか、NFTを買うってすごくセンスが試されそう。そんなこと考えずに気楽にやればいいのかもしれないが… そもそもWeb3の世界では、実名と繋がらない匿名の存在としてふるまうのがカルチャーに沿っているのかもしれない。

それはそれとして、もうすこしWeb3へ自分の関心を持っていくために、おもしろがれそうなポイントを探っていきたい。僕が好きなのはインターネットで、つまりそれは本質的には光ファイバーのことで、高速に通信することによって物理的に離れたものが重なって見えること、その飛距離が遠ければ遠いほどおもしろいと思っている。いまのところ、僕にとってのWeb3は、所有と信頼をネットワークへ載せるところにおもしろさがあるような気がする。投機的な興味とか、お金を集めるみたいなやつは、まだあんまりおもしろポイントを理解できていない。

2022-05-13

6時に起床。J-WAVEをかけたら、沖縄本土返還50年にちなんで沖縄の音楽をたくさんかけていて、ジョン・カビラが沖縄について話していた。半年ほど意識的に朝ごはんを食べてなかったけど、知らないあいだに健康に影響があったら怖い気がしてきて、最近はなんとなく食べるようにしている。ふるさと納税でもらったアラジンのトースター、冷凍した食パンでもうまい。朝から雨が降っていて、天気予報を見ると1日中ずっと雨とのことだった。8時から作業して、雨がおさまってきたところで途中でオフィスへ出勤。昼ごはんは会社の人たちとオフィスの近くの中華料理屋へ行って、あんかけ五目焼きそばを食べたけど、味がしなかった。ひとりでもオンラインで会議に参加するメンバーがいるときは、他のメンバーが目の前にいたとしてもビデオチャットでやる。そうすると、対面してるメンバーが発する声とのタイムラグが気になるので、遠くの席へ移動するようにしている。すぐそこにいるのに、Webカメラとマイクが捉えた僕の映像と音声が、いちど海外のサーバーを経由してから、またおなじ部屋へ帰ってくると想像すると不思議だ。絶大な信頼を寄せているYahoo!天気の雨雲レーダーに映っている雲と雲の隙間を縫って、私立恵比寿中学を聴きながら帰宅。夕飯は、セブンイレブンで焼鳥とゴーヤーチャンプルーを買ってきた。沖縄本土返還の歴史、この年齢になるまで恥ずかしながらぜんぜん知らなかったな。

2022-05-12

仮想通貨がめっちゃ暴落しているので、お得かな〜 と思ってイーサリアムを1万円分買ってみたのだけど、朝に1万円だったものが夜に見たら8900円ぐらいの価値になっていた。数年前に仮想通貨が盛り上がったとき以来のひさしぶりに買ったので、そういえば仮想通貨の値動きの激しさってこんな感じだったよなという懐かしい気持ちになる。ENSっていうイーサリアムのアドレスを任意の文字列にできるドメインみたいなやつを取得したいのだけど、ガス代と呼ばれている送金手数料?が暴落のせいか異常に高騰していて、ふつうにお金を送るだけで1万円以上を払わないといけないっぽいので、なにもかもよくわからないのだが、もうちょっと事態が落ち着くのを待ってみようかなというところ。

僕が住んでいる賃貸マンションのテレビの配線はなぜかCS放送を受信していて、活用しないともったいないと思って先月ぐらいからスカパーの24時間エンドレスでニュースが流れているチャンネルを月額800円ほど払って契約してる。基本的には、ずーっと30分単位のニュース番組が繰り返しているので、ごはん食べるときとか適当にテレビをつけたらいつでもニュースをやってくれたりして、在宅勤務中のポモドーロタイマーとしてもちょうどよく、重宝している。このチャンネルはTBSが運営してるっぽいのだけど、たまに週にいちどくらいのペースで特番というか、タイトルコールもCMもない1時間の謎の番組が挿入されていて、その番組はTBSのアカウントのYouTube Liveでも同時に放送されて、アーカイブも残っている。どういう人が視聴しているのか不思議なんだけど、僕みたいなやつが観ているのだろう。

きょうは経済の初心者むけというか、日本銀行の役割や、なぜ円安が起きているのか、なんで円安ヤバイのに日本銀行がなにもしないのかを解説する番組をやっていて、めっちゃわかりやすくておもしろかった。結局のところ、マーケットも人の心で動いているのだなあ。ふつうに損することは目に見えているのだけど、儲けたいというよりは市場に参加してみたいなというモチベーションで株でも買ってみようかなという気持ちが高まっている。

2022-05-11

夕飯をカップラーメンで済ませてしまった夜はさみしい。しかし箸さえも洗いたくないくらいの夜なので。オフィスへ行かない日は、外へ出るタイミングがない。あしたはどっかで隙をみて買い物に行かなくちゃ。冷蔵庫に転がっていたトマトを、台所の流しのうえで左手で持ってかぶりつき、右手に持ったマヨネーズを断面へかける。それを餅つきの要領で繰り返す。包丁さえも洗いたくないくらい夜だし、とうぜん皿なんか洗いたくない夜なので。

ayumiさんが、いっしょに録音したポッドキャストについての感想を話してくれていた。僕も、あれから何回か聴き直した。誰かに、なにかを伝える瞬間の空気が記録されているような気がして、なんとなく、自分のなかでは大切な、お守りみたいなmp3ファイルになっている。