鹿スタディーズ

越谷市科学技術体験センター ミラクル友の会 会員

YouTuber になりたい (2)

「とんねるずのみなさんのおかげでした」が終わって、曜日の感覚がおかしくなった。いつものようにコンビニで、あしたにはなにを食べたのか忘れてしまうようなものを買ってきて食べる。それで、おもしろいテレビをやっていなかったら、 YouTuber の動画をみることになる。

ぼくの YouTube のホーム画面には、会ったこともない人たちによる日常の風景が、レコメンドされてあふれている。そのなかのひとつ、 20 代前半と思われる広瀬すずに似た女性の動画を再生する。趣味は自作 PC の組み立て。車とカメラに興味があり、部屋の模様替えを配信し、机の下のケーブルを整理している。そんなに頻繁にカメラやレンズを買って、なんでお金を持っているんだろう。学校にも通っていないみたいだし。友達はいるんだろうか。しかし、そのことについてはなにも触れられず、広瀬すずに似た若い女性が CPU の性能について語っているという、きわめて具体的な描写だけがここにはある。

広瀬すずは、このあいだひとりで箱根へ旅行にでかけた。その夜、宿に到着するのが遅れた彼女は、せっかく箱根まできたのにコンビニで買ったごはんを食べることになった。広瀬すずが、あしたにはなにを食べたのか忘れてしまうようなものを買ってきて食べている。それをみて、ぼくは YouTuber という存在がなぜ広く認知されるようになったのか、わかったような気がした。

YouTuber には、すこしの寂しさがある。そして、ぼくたちにも、すこしの寂しさがある。 YouTuber は、そんなぼくたちの、すこしの寂しさに寄り添っている。ぼくも YouTuber になりたい。