鹿スタディーズ

越谷市科学技術体験センター ミラクル友の会 会員

マームとジプシー 1日目

マームとジプシーが結成 10 周年を記念して、全国 6 都市をまわって過去の 4 作品をもういっかい上演している。まず埼玉公演があって、ぼくは 4 作品セット券を買ったので、毎週みることになった。それで、きょうが 1 日目の「クラゲノココロ モモノパノラマ ヒダリメノヒダ」。

マームとジプシーの作品は DVD などで映像が販売されていない。 WOWOW とかで放送されていたこともあるらしいけど、もういちど観たいと思ったら観にいくしかない。観にいくといっても、毎回ちょっとずつアップデートされているので、同じものはもう観ることができない。きょうの「クラゲノココロ モモノパノラマ ヒダリメノヒダ」は、もともとはそれぞれ「クラゲノココロ」「モモノパノラマ」「ヒダリメノヒダ」というタイトルで公演されていたものを混ぜて 1 本にした… という作品で、このリミックスした作品の公演自体も 2 回目で、僕はそれぞれの公演も観たし、この公演も 2 回目だ。

マームとジプシーの演劇には、リフレインと呼ばれる、なんども同じ台詞を繰り返したり同じシーンを繰り返す演出がある。ふたりが話しているシーンが終わったら、お互いの場所を入れ替えてもういっかいやってみる。映画のカメラはカメラが動くことがカメラワークだけど、演劇で席に座ってじっとしている観客にとっては、演じる人たちの何度も繰り返す動きがカメラワークになる。そのたくさんの視点によって、きわめて具体的な人間の身体を使いながら、抽象的に場が描かれていく。

マームとジプシーについて、そんな演出のおもしろさばかりをまずは話してしまいがちだけど、きょう観て思ったのは、やっぱり役者の人たちが魅力的だった。たぶん、演じるということは、与えられた役に自分を消してなりきることではなく、役者がどれだけ自分の個性を消さずにその場に立っていられるのか、試されているのではないか。何回も観ているので、次になにが起こるか知っている。それでも何度も心を揺さぶられるのは、自分が座っている席と地面がつづいたすこし先の舞台で、同じ身体をもった人間が、わたしとわたしではないものをいったりきたりしながら立っている、その繰り返しの運動を観ているからだ。