鹿スタディーズ

越谷市科学技術体験センター ミラクル友の会 会員

6/1

法のデザイン?創造性とイノベーションは法によって加速する

法のデザイン?創造性とイノベーションは法によって加速する

この本、おもしろすぎる。というか、この社会が、いま、おもしろすぎるんだ。これまであたりまえに受け入れてきたフルスタックな慣習が見つめなおされて、本質的な機能だけが残っていく。身ぐるみが剥がされていく。それでもそれを音楽といえるのか、お金といえるのか、家族といえるのか、問われはじめている。でも、なにをもって家族といえるのか、なんてことを考えているほうが、なんとなく家族をやっているより豊かなんじゃないかな?

ビットコインを 1 万円ぶん買ってみた。自分が換金したお金の価値が、十円、百円、ときには千円の単位で、上がったり下がったりを繰り返している。それはボタンを押す数秒間のあいだで変わってしまうような細かな波で、だからボタンを押す自分の意思なんて関係ないし、物の価値なんてほんとうにもろい信用でできているんだなと思う。駅前のスーパーとコンビニで牛乳の値段が 10 円ちがうとか考えるのがどうでもよくなる。かつてインターネットがやっていたことは、ざっくりいってしまえばこれまで当然だったなにかを壊すことであって、そこにインターネットの価値があったのかもしれない。