読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿スタディーズ

越谷市科学技術体験センター ミラクル友の会 会員

3/18

二子玉川の大倉というとんかつ屋には、 1200 円の「とんかつ」と 1600 円の「特ロース」がある。昼の 11 時半の開店の時間に行くと行列ができていて、ほぼ開店と同時に「特ロース」はなくなってしまう。お昼に「特ロース」を食べたいなら、 11 時すぎには並んでなくちゃいけない。でも、通い続けるうちに、ランチの営業が終わって休憩を挟んだあとの夕方 17 時に行くと、売り切れたはずの「特ロース」が残っていることに気づいた。

「とんかつ」もじゅうぶんにおいしく、というか、ほかのあらゆるとんかつより大倉の「とんかつ」が好きだけど、それでも「とんかつ」と「特ロース」が大きく異なる点は、肉がとろけるところにある。初めて食べたときはマグロの刺身みたいだなって思った。僕はバカなのかもしれない。でも、おいしい肉って魚に近づいていくし、おいしい魚は肉へ近づいていくんじゃないだろうか?

さらに 100 円払うとごはんにカレーをかけてくれることとか、カウンターの前に並べられたとんかつの揚がりを待つ細長い皿の列がさながら軍艦みたいに見えることとか、語れることはまだまだたくさんあるけど、誰にも話さず真顔でとんかつをほおばっている。