読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿スタディーズ

越谷市科学技術体験センター ミラクル友の会 会員

1/3

あけましておめでとうございます。正月休みの6日間は、ずっと家族と過ごした。お賽銭ぐらいしかお金を使わなかった。 Apple Music のメンバーシップが切れた。逃げ恥とかいうテレビのドラマを見たけど、どうしてみんなが毎週たのしみに観ていたのかぜんぜんわからなかったよ。去年は、目の前の自分の気持ちと向き合うのに一生懸命で、振り返ることをサボっていた。だから、何度も同じことで間違えた。今年は、ひとつひとつの学びを貯めていかなくちゃ。結婚。結婚なんて、いつかほんとにできるのかな。わかんない。誰かを好きになることと、結婚することが結びつかない。すてきだなって思ったり、好きな人は、たくさんいるんだけどなあ。逃げ恥みたいなドラマをみんなが熱心に観てるってことは、いったいどういうことなんだろう。いろんなことに、たくさんのことに、さまざまなことに、ぼくは気がつくのが遅い。去年は会社のなかで部署を異動したけど、それもすごく遅かったことだと思う。良いとか悪いとかではなく、変わらなくちゃいけない、なんどもなんども、いつもうしろを振り返って、いったいなにが起きているのかよくわからなくても、それでも進まないと。進むってことは、変わるってことだ。変わるってことは、ここがどこかって知ってるってことだ。それは、こんなふうに、なにかに突き動かされながら言葉を書くことが役割を担っているのかもしれない。いったい、ここはどこなんだろう?今年の抱負は、言葉を変数へ代入しないこと。言葉をなにかべつの入れ物に隠したり、それを別の容器に移し替えたりしただけで、なにかをしたつもりにならないこと、伝えることをサボらない、言葉にすることをサボらないで、大切な時間をていねいに生きる。恋も、愛も、すべて時間の話だ。もしかして残り時間の少ないこの時間を、できるだけ充実させることでしかないんだ、たぶん、生きるってことは。