読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿スタディーズ

越谷市科学技術体験センター ミラクル友の会 会員

スプーンの味

コンビニのスイーツはプラスチックのスプーンで食べるために最適化されていると思う。スプーンが舌に触れるときはスプーンの味がするし、缶ビールは缶の味がする。ところで、この世界は多様な価値観を持つ人たちが幸せに暮らせる豊かな社会であるべきだ。でも、いざ目の前に思いっきり多様性の分布図の反対側にいる人があらわれるとドン引きしてしまう。自分とは異なる価値観に寛容でいられるかどうかもまた、ひとつの価値観として認められるべきなんだろうか。

奇跡

どうすればこの組織が効率的に動けるのか、いっしょに働くみんなが幸せになれるのか、ぽつぽつと、そんな話をする同僚の姿に、心がしめつけられた。どうしてこの人が、こんな気持ちにならないといけないんだろう。そのことと同時に、ここにはたしかに、こんなふうにこの人がいるんだ。それは、とてもすばらしいことだ。奇跡だ。これからも自分たちが全然うまくいかなかったとしても、この人がここにいたその尊さだけでじゅうぶんだ。

お花見の話

  1. attsumi さんが主催する多摩川でビールを飲む会こと「多摩川ビール」略して多摩ビは第 3 回で、今回は尾山台から 20 分ほど歩いたところにある公園の片隅の桜の木の下だった。小雨が降ったりやんだりするなかでゲラゲラ笑いながらビールを飲んだ。 15 人ぐらい来たけど、ほとんど知らない人たち。風が強くなって、バスで二子玉川まで移動して、庄やで飲んで、なんか大学生みたい。バスから見える、川沿いの桜が満開でとてもきれいだった。
  2. iimio さんというアーティストが主催した、 S さんという方の自宅を借りた宅飲みがあった。行ってみると、 S さんは仕事で外出していて、家主が不在のまま、知らない人の家で知らない人たちが飲み会をすることに。洗濯機も冷蔵庫もない家で、どうやって暮らしているんだろうと話しながらビールを飲んだ。 10 人ぐらい来たけど、ほとんど知らない人たち。雨がやんできたのでみんなで散歩すると、川沿いの桜が満開でとてもきれいだった。

4/7

  1. 昼ごはん、エレベーターで乗り合わせた会社の人たちと、東亜飯店で油淋鶏定食 810 円。
  2. 夕飯も中華で、渋谷には香港ロジという名前の店がふたつあったのだけど、桜ヶ丘じゃないほうの香港ロジが閉店して味道本色とかいう中華料理屋に変わっていて、まあでもほぼ香港ロジのようなものだった。
  3. かつては写植だったり、 Mac の登場による DTP がグラフィックデザインに影響したように、プログラミング、エンジニアリング、ウェブの仕様や制約が、還元できるようなデザインのありかたがあるんじゃないかと思って、そのひとつの可能性がウェブサービスなんじゃないかって、だから僕はここにいるんだった。そして、コードを書くことに興味があるんだった。それが、この 5 年間の果てに僕が掴みとった「やりたいこと」の光だ。それができるようにふるまうには、どうしたらいいのか。それができないなら、どこにいけばできるのか。僕は、デザインをやりたい。

4/6

自分のタスクの進めかたの失敗による自業自得な感じで、昼はセブンイレブンのチキンカツサンド、夜はセブンイレブンの牛丼とシーザーサラダ(べつにふつうに食べてもいいのに、食事のことを考えるのもめんどうくさい)で、比較的かなり終わってるほうのいちにちだった。会社とは別にやってる作業も終わってなくて、床でちょっと寝ようと思ったら朝になってて飛び起きた。あと Bluetooth イヤホンが壊れて充電できなくなった。悲しいできごとが続きます。

4/5

  1. 冷やしたぬきそばを頼むと、厨房へ「ひやたん」という元気なコールが入る。冷やしたぬきそばというのは、そばの上に天かすが載っているということなのだが、サービス券 2 枚を使ってきつねをトッピングすると、「ひやたんきつねのせ」になって、つまりたぬきそばときつねそばをいちどに味わえるんじゃないかと思ったんだ。

4/4

  1. きのうの日記をもっと正確に書くなら、会社は自分ではないが、自分は会社の一員だということも忘れてはいけない。「会社」なんて、ほんとうはどこにもないんだ。
  2. 詩人がどんな人のことを指すのかわからないけど、僕は詩人になりたい。そのときの詩人とは、僕がこうなりたいと思う自分のすがたをあらわす便利な呼称である。だから、べつに詩なんか一編も書かなくていい。もし判断に迷ったら、こういうとき詩人だったらどうするか?ということを想像したらいいのかもしれない。そして、きょうの詩人は、おそらく言葉を正確に使える人だ。
  3. 夜、もう 3 年も住んでるのにはじめて入った駅前の居酒屋で、同じ街に住む会社の先輩と飲んで、そのあとうちの無印良品のシングルベッドを捨てるのを手伝ってもらった。ありがとうございました。
  4. ベッドがなくなった部屋はいよいよ独房感が増している。この街に住んでることも、微妙に家賃が高いこの部屋も、僕も、どれも正解じゃない。それでかまわない。とにかくためしつづけよう。

4/3

  1. 香港ロジでお粥を食べた。これから毎日昼ごはん粥でいいじゃんって思ったけど、夕方めっちゃおなかすいた。
  2. 投資とかバリューとかは、会社の言葉だから、それは自分の言葉ではないと思うから、考えなくていいと思った。いま、僕が新卒の人にかけてあげられる言葉ってなんだろう。

4/2

  1. 池袋で髪を切ってから、銀座の廃ビルで 24 時間限定のイベントをやってるっていうので観にいこうと思ったけど、場所がどこにも書いていない。ウェブサイトすらない。というか、イベントの Twitter のハッシュタグがウェブサイトの代わりみたいになっていて、どうやら 4 丁目のエルメスの前だとか GAP の横だとかいろんな情報を頼りに歩いてみるけど、ぜんぜん見つからない。結局ぼくもハッシュタグをつけてどこなんですかとツイートしてみると、親切な知らない人が Google マップのキャプチャ画面を送ってくれた。行ってみると、受付はふつうの店みたいな構えで、何度も前を通ったけどわかるわけがなかった。ビルを建て替える前にアーティストたちに好きなように貸した 1 日だけのハチャメチャなイベント。過去には BCTION とか、東京電機大学の校舎とかの、そういうイベントは何回か行ったけど、銀座のどまんなかでわりと秩序がないひみつの場所と時間が共有されていて、こういうのもあるんだなあ… って思った。なにはともあれ、道に迷ってて最後の 30 分しか見られなかったけど、それが良いとか悪いとかは別として、行けてよかった。
  2. 朝はホットケーキを焼いて、会社の先輩からもらったいい皿に載せてみた。昼は食べなくて、夜は近所の魚屋で刺身となすの煮浸し(めっちゃうまい)を買って、あと生姜焼きを焼いた。夜 8 時ぐらいに川を越えて無印良品に行き、お茶とかパンツとか買う。

4/1

なんでもはじめられそうな気になる 4 月は便利だ。社会人 6 年目、まだ間に合いますか。月 5000 円のふんぎりがつかなくて、いまさら Adobe の Creative Cloud を契約した。これで自宅と会社の違いはモリサワ PASSPORT が使えないだけになった。毎日定時でさっさと帰ろう。昼ごはんは近所のカレー屋で 730 円の日替わりカレー。夕飯はオリジン弁当。